中山間地域フォーラム ホームページ

お知らせ

中山間地域フォーラム設立10周年記念シンポジウム

 

進化する地域運営組織!―『地方創生』の次なる焦点」

 「地域運営組織」(RMO=Regional Management Organization)! 

これまで「手作り自治区」とか「小規模多機能自治組織」とか呼ばれていた住民自治組織ですが、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部の有識者会議で「量的拡大や質的拡充」をめざし法人化を始めとする支援策の検討が進んでおり、「地方創生の次なる焦点」になってきました。

 

 

小学校区などを活動範囲に地域の人々が主体的に参加し、地域の生活や暮らしを守るため、さまざまな課題解決に取り組む組織としての「地域運営組織」は、高齢者の交流・買い物支援、エネルギー確保、6次産業の運営などいわゆるローカルエコノミーを担う事例が少なくありません。

 

 

中山間地域フォーラムは、一昨年のシンポジウムで、根拠の薄い「地方消滅論」に反論し、「田園回帰」の動きが始まっていることを紹介しました。昨年は、「地方には仕事がない」という思い込みから脱し、わずか1%の所得を毎年取り戻せば、地域再生の可能性があることを訴えました。フォーラム設立10周年を迎える今年は、地域の課題をみずから解決する住民組織の活動が地域に仕事を作り、域内の資金の循環率を高めることを、多様な実践事例を踏まえて検証します。また10周年記念として、農業・農村研究の第一人者である識者の講演予定しています。

 

 

 

【テーマ】  「進化する地域運営組織―『地方創生』の次なる焦点」

 

【日時】   20123(土)130分~1750分 

 

【会場】   東京大学弥生講堂一条ホール

 

              (東京都文京区弥生1-1-1、地下鉄南北線東大前駅から1分)

 

【主催】   特定非営利活動法人 中山間地域フォーラム

 

【共催】   島根県中山間地域研究センター 

 

【後援】   (交渉中)(財)農学会、全国山村振興連盟、全国水源の里連絡協議会、全国中山間地域振興対策協議会、特定非営利活動法人地球緑化センター、農山漁村文化協会

 

 

 

【プログラム】 

 

記念講演  農業・農村政策をめぐる基本的課題」 生源寺眞一氏(名古屋大学)

 

基調講演   地域運営組織の可能性―有識者会議の議論を踏まえて」小田切徳美氏(明治大学

 

実践報告  「進化する地域運営組織の実像」

 

1 「山形県川西町―地域リーダーの視点」佐々木賢一氏(東沢地区協働のまちづくり推進会議

 

2 「沖縄県国頭村―地域サポート人の視点」小林和彦氏(前・国頭村地域おこし協力隊)

 

島根県雲南市―行政の視点板持周治氏雲南市 

 

パネルディスカッション  

 

コーディネーター 甲斐良治(農山漁村文化協会) 

 

コメンテーター  有田昭一郎氏(島根県中山間地域研究センター)   

 

報告者も加わり、会場からの質疑を中心に行います。

 

  

 

【共催企画】1217時 島根県中山間地域研究センター・企画展(会場のオープンスペース)

 

     「地域人口分析・推計プログラム」と「地域経済循環分析・所得創出シミュレーションプログラム」の紹介

 

 

 

*シンポジウム終了後、講演者の参加も得て懇親会(会費制)を予定しています。

 

 *シンポジウムに参加の皆様には資料代として2,000円(学生は1,000円)をいただきます。

 

 *シンポジウム及び懇親会には、フォーラム会員でなくても、どなたでも参加できます。

 

           

 

【申し込み方法】 

 

中山間地域フォーラムのホームページhttp://www.chusankan-f.org/の専用申し込みフォームよりお申し込みください。先着300名で、当方から特に連絡がない場合、自動的に受け付けます。        

 

【問い合わせ先】 中山間地域フォーラム事務局(メール:tebento-staff@chusankan-f.org)(事務局には職員は常駐していませんので、メールにてお問い合わせください。)

 

地域の内発的なプロセスの重視を

地方創生政策に関する緊急提言

 

 政府は、現在、さまざまな地方創生政策を推進する中で、「地方人口ビジョン及び地方版総合戦略」を遅くとも平成27年度中に作成するよう地方自治体に求めている。また、この地方創生にかかわり、中山間地域では、国土形成計画にも位置づけられた「小さな拠点の形成」が推進されている。さらに、公立小中学校の適正規模等に関する手引きを改定し「公立小中学校の統廃合」を進めるという重大な動きもこの地域では進んでいる。

しかし、これらの地方創生政策は、地方自治体への交付金の配分等と関連づけて国の強力な指導の下に推進されていることから、中山間地域の一部の市町村においては混乱や戸惑いが生じている。また、公立小中学校の統廃合は、地域の存続さえ危惧されるような強い負のインパクトを地域に与えつつあり、地方創生政策に矛盾する。

従来、国主導の数多くの地域振興政策が大きな成果を上げてこなかった反省も踏まえ、今度こそ「地域の内発的なプロセス」を重視しながら、新たな潮流である「田園回帰」の動きにも注目しつつ、各種施策が整合性を持って進められるべきである。

私たち中山間地域フォーラムは、地方創生政策の推進について、全国の中山間地域の市町村や住民の方々に対して、地域におけるボトムアップで主体的な対応を呼びかけるとともに、政府に対しては、集落など地域の内発的な動きを促すような政策運営を提言するものである。

                                                                 続き(詳細)→

中山間地域フォーラム設立9周年記念シンポジウム風景(2015年10月4日)

「どう創る、中山間地域の「しごと」―地方創生の実践」

中山間地域フォーラム設立9周年記念シンポジウムは300名を超える方々の参加を得て盛会裏に終了致しました。

「非常に刺激的なお話で、大いに触発されました。」「大変参考になりました。」「とてもよいシンポジウムでした。」「4時間あまりでしたが 眠気に襲われ ることもなく とても集中して聴くことができました。」「大変ためになりました。ありがとうございました。」など、多数の評価の声を聞くことができまし た。

多数のご参加をいただき誠にありがとうございました。
来年のことを申し上げると鬼に笑われますが、来年は10周年を迎えます。7月23日(土)に記念シンポジウムを開催を致します。

第一回中山間地域フォーラムフォトコンテスト 作品募集開始

最優秀賞





「石垣棚田」


庵原政彰氏

優秀賞





「小春日和」


井上昭氏

優秀賞





「ひと時の休息」


斎藤孝子氏


「地方版総合戦略づくり」をお手伝いします!

  地域創生政策の一環として、都道府県及び市町村では、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を、遅くとも平成27年度中に策定するよう国から求められています。本来、このような戦略策定のためには、従来の振興計画の検証や地域住民の意見交換が十分に行われることが必須ですが、今回は時間的な余裕も限られ、特に中山間地域等の市町村では、種々制約もある中でどのように進めたらよいか苦慮しているところも多いと承知しています。

   産学民官の有識者や専門家が集う特定非営利活動法人中山間地域フォーラムでは、調査研究に実績豊富な一般財団法人農村開発企画委員会と連携して、中山間地域等の市町村の総合戦略づくりをお手伝いします。時間的な制約もありますが、今度こそ成果の上がる、真に地域に寄り添った戦略づくりを市町村の皆様と一緒に考えていきたいと思います。総合戦略の部分的なことでも何でも結構ですので、お気軽にご相談ください。

 

問合せフォーム                

山村の活性化をお手伝いします!

 山村振興法がこのたび改正されるのに伴い、国の27年度予算で「山村活性化支援交付金」が創設されます。この交付金は、振興山村地域の指定のある市町村等を対象とし、1地区あたり1000万円を上限として交付され、

①地域資源の賦存状況・利用形態等の調査、②未利用資源等を地域ぐるみで活用するための合意形成、組織づくり、人材育成、③特色ある地域資源の域内での消費拡大や域外への販売促進、付加価値向上等を図る取組の試行実践を行う「ソフト活動」に使うことができます。今までなかった新しい予算措置であり、注目されています。
山村の市町村の皆様は、この交付金を活用して新たな視点から地域づくりにチャレンジしてみませんか。研究者・有識者が集う中山間地域フォーラムでは、一般財団法人農村開発企画委員会と連携して市町村等のお手伝いをいたします。まずはお気軽に中山間地域フォーラム(又は一般財団法人農村開発企画委員会)にご相談ください。
(参考資料 http://www.maff.go.jp/j/budget/2015/pdf/57_27_kettei.pdf )

中山間地域フォーラム企画のブックレット出版

農文協ブックレット『はじまった田園回帰』。白熱した昨年の中山間地域シンポジウムの記録です。解題・コーディネートは小田切徳美先生(明治大学)、報告 は藤山浩さん(島根県中山間地域研究センター)、石橋良治さん(島根県邑南町長)、土屋紀子さん(島根県益田市匹見町)。

 

定価(本体900円 + 税)


--------------------------------------------------------


「人口減少=地方消滅」は中央からの罠。「あきらめ論」「農村たたみ論」「一発逆転論」を克服し、「人口と所得の1%取戻し」で女性と子どもと暮らしが輝く島根県の事実と実践に学ぶ真の地方創生

小田切徳美教授による(農業・農村政策論)研究会 * 動画

地域再生アドバイザー

  地域のみなさんや団体、自治体が中山間地域の活性化に取り組まれるとき、「参考になる話を聞かせてほしい」とか、「地域の活性化についてのアドバイスをし てほしい」と思われることはありませんか。また、新しい農業政策の中身をわかりやすく解説してくれる指揮者をお探しではありませんか。あるいは、自治体や 団体の研修の講師をお探しの担当者もいらっしゃるかもしれません。

 

  中山間地域フォーラムの役員、運営委員の中には、さまざまな分野の専門知識や豊富な体験を持つ専門家や実務家がいて、「地域再生アドバイザー」として登録しています。リストからお選びいただくか、協力を得たい分野についてご相談があれば、事務局へメール(tebento-staff@chusankan-f.org)もしくは問合せフォームにてご連絡をください。(電話でのご相談はお受けしておりません。)

 

  「地域再生アドバイザー」は、知識、知恵、アイデアなど情報の提供ならびに助言を行うことを旨とします。交通費などの経費(実費)はご依頼主がご負担ください。
謝金等については、アドバイザーと直接、ご相談ください。

* 下記のリストはアドバイザーのご了解を得て紹介しております。

 

・ 井原満明

・ 今井修

・ 村田泰夫

・ 佐藤洋平

・ 野中和雄

                      (申請順)

 

 

中山間地域フォーラム 事務局

 

中山間地域フォーラム 会報No.2を発信

NPO法人中山間地域フォーラムは会員の方々向けに会報を作成しております。

2015年4月に会報No2を発行しました。
会員ページよりご確認ください。


What's New

フォーラムのパンフレットのダウンロードができるようにしました。
会員ページより可能ですので、会員の皆様、大いにご利用下さい。

会員レターおよび会報

5月23日に会員レターNo.75が発行されました。会員ページよりご覧ください。

2015年4月
中山間地域フォーラム会報No.2が発行されました。会員の方は会員ページよりダウンロードできます。

中山間地域応援団の皆様

Facebook